京野菜の”あっさり漬”取合せ 
京都高級宿泊施設一覧

京都 市バスで行こう!京都 市バスを使った京都 観光案内

京都 市バスを上手に利用すると、京都 観光もスムーズに、しかも、お得になります。
そんな、京都 市バスの利用法を、体験も含めて紹介します。
トップページ京都鞍馬・貴船京都 市バスで行く、木の根道【鞍馬・貴船】

京都鞍馬・貴船

京都 観光というよりも、

ハイキングというような表現がピッタリな、

鞍馬・貴船ですが、

木の根道というところへは、

観光して欲しいです!

地盤が固いため、大木の根が地表に隆起してできたのが、

木の根道です!

今も昔も変わらない、自然の力強さを、実感してしまいます。

木の根も生きているので、なるべく踏まないように、

また、雨の日には、木の根がすべるので、

足元には注意して観光してください!

【アクセス】

京都駅から、京都 市バス17系統で26分

出町柳駅前下車後、川を上流に歩けば、

叡山電鉄柳町駅がありますので、鞍馬線で30分。

鞍馬駅下車後、徒歩45分。

出町柳駅までは、

京都 市バス専用一日乗車券カードが使えますので、

ぜひ、京都 観光にご役立てください。

京都 市バスで行こう!京都 市バスを使った京都 観光案内

木の根道
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 貴船神社と縁結び/京都府  [ 縁結び!クチコミ情報局  ]   2006年12月24日 12:13
<strong>貴船神社</strong>(きぶねじんじゃ)は、京都府左京区鞍馬貴船町にある神社で、気の産まれる根源が転じて気生根になったといわれています。 江戸時代には上賀茂神社の摂社とされましが、明治以降に独立しました。水の神様として崇められ、<strong>縁結びの神</stron...
2. 京都観光について  [ 年金生活になっても豊かに暮らせる方法 ]   2007年01月24日 18:01
京都観光をするポイントについて紹介しています。
3. 京都観光 京都三大奇祭宇治あがた祭り  [ 京都観光 京都三大奇祭宇治あがた祭り ]   2007年04月06日 17:39
京都観光宇治編県祭り宇治市に住む娘のご案内です。あがた神社…6月5日はあがたまつり。   
4. 京都観光 隠れ宿  [ 京都観光 隠れ宿 ]   2007年04月14日 16:55
京都観光 隠れ名所 亀石楼宇治に住まいする娘の推奨です。 一泊二食付き7,500円から。宇治川が見下ろせる最高のお部屋。宇治川のほとりにある宇治観光に便利な観光民宿です。平等院や宇治上神社などの世界文化遺産をじっくり楽しむには絶好のリーズナブルな料金も魅力です...
5. 京都観光 隠れ宿 イチオシ  [ 京都観光 隠れ宿 イチオシ ]   2007年04月24日 20:09
京都観光隠れ民宿 亀石楼宇治に住まいする娘の推奨です。一泊二食付き7,500円から。宇治川が見下ろせる最高のお部屋。大広間もあり、合宿もできます。宇治川の亀石のまん前にあります。興聖寺の隣。お料理もおいしいし、お風呂もきもちいいです。畳のお部屋で...
6. 京都観光 京都宇治名所 巨椋神社  [ 京都観光 京都宇治名所 巨椋神社 ]   2007年05月14日 23:38
京都観光 京都宇治滞在型名所宇治の娘がご案内します。巨椋神社…ここにくると子供の頃に帰ったようで、なぜか落ち着きます。奥の公園で遊ぶ子供たちも。秋にはちょうちんが灯って、幻想的な雰囲気に。 この近くに、つくしが取れる池があ...
この記事へのコメント
1. しずか   2006年12月22日 00:27
TBありがとうございました。
ひでさんは京都の方ですか?
私は京都が大好きで毎年必ず春と秋に
観光に出かけています。
またこちらでいろんな情報をいただいて
行きますね。よろしくお願いします。
2. 関西グルメ本   2006年12月25日 16:18
TBありがとうございました。
シーズンはつらいバスですが、
オフは便利ですね。
また京都に遊びにいらしてくださいね。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人紹介
舞妓さん

管理人のひでこと私が、
京都で、舞妓さんと撮った、
ツーショットです!

京都 観光大好きです!
京都の雅の世界も好きですが、
戦国武将ゆかりの地など、
マニアックな京都 観光が大好きです。
京都の天気は?
ご案内
京都観光の際に、
またご訪問してくださる方は、
下のボタンを、
クリックするだけで、



簡単にお気に入りへ
追加できます。


このブログは、
スローリッチスタイル
実践キャンプの加藤さんの
考え方に賛同して、
大好きな、京都観光の、
京都 市バスで行く方法など、
ご紹介していきます。


京都好きな
たくさんの訪問者で、
活気ある交流の場に
していきたいと思っています。

京都観光の英語対応版、
Kyoto Guide[Kyoto sightseeing]
オープンしましたので、
当ブログともども、
よろしくお願いします。